虫歯の進行度で歯科治療の方法は違ってくる

進行すればするほど痛い

初期の段階ではまだ痛みはないので、注意深く歯をみないと自分で発見することはほぼありません。しかし、虫歯が神経近くまで達すると、冷たい物や温かい物がしみて痛みを感じます。この時にようやく治療を開始しますが、詳しい検査をしてみると奥深くまで浸透しているケースもあります。

虫歯の進行度で歯科治療の方法は違ってくる

医療器具

初期虫歯の治療法

虫歯の段階を示す言葉があります。CO~C4の5段階に分けられるのですが、まずCOは、上手に歯磨きをすることで進行を防ぐことができる一番初期の段階です。吉祥寺の歯科で定期的にフッ素を塗布してもらうといいでしょう。キシリトール入りの歯磨き粉で歯を磨いたり、ガムを噛んだりしても十分予防はできます。C1の虫歯は、その部分をレーザーや専用の器具を使って虫歯に侵された箇所を取り除きます。その後に樹脂を詰めて、金属で蓋をします。虫歯の範囲はエナメル質だけなので、痛みは全く感じません。治療後は定期的なチェックと正しい歯磨き、フッ素塗布が不可欠です。

C2から3の虫歯

エナメル質の下まで虫歯菌が到達している状態なので、削ると痛みが出ます。治療のために麻酔をするかもしれません。痛みに対して極度の恐怖心を抱いている場合は、医師が不要と判断した場合でも麻酔をして治療が行なえます。C1の虫歯治療と同じく黒い部分を取り除きますが、歯髄を保護する目的で薬を詰めることがあります。翌日、仮詰め物をした箇所に歯科で作ったかぶせ物を装着して、治療は終了します。

C4の虫歯

C4の虫歯は、完全に神経が死んだ状態なので、麻酔がなくても治療ができます。ただ、すでに強い痛みが生じている時は麻酔をします。他の虫歯治療と変わりなくキレイに取り除いた後、根管内をキレイに掃除します。薬を数回に分けて入れて、かぶせ物をします。歯の生命線と言われる神経がないので、歯の寿命はかなり短くなりますが、定期健診を真面目に行なえば、かぶせ物で覆われている歯を長く持たせられます。